介護施設内での様々な役割

おすすめ記事:お仕事説明会も開催している「介護求人ガイド」

様々な役割を担う施設長

様々な役割を担う施設長

施設長とは

施設長とは施設の管理者であり、責任者でもあります。ですので、常にスタッフの方々とコミュニケーションをとって、施設運営を円滑に進めて行くことが必要となります。もちろん、施設にいる時には入居者の方々とお話をしたり、行事に参加したり、お声掛けをしたり、入居者の方々とのコミュニケーションをとることも大切な仕事の一部となります。そうすることで、入居者の方々のちょっとした日常の変化などにも気を配ることができます。このように、施設全体を把握し、管理していくことが必要になります。
実際には、施設ごとに仕事内容や取得資格などに違いがあるようです。以下に、具体的な仕事の内容をご紹介します。

人材マネジメントとして

施設長は、人材マネジメントとしての大きな役割があります。施設で働くスタッフを適切な場所に配置して、日々の業務を円滑に進めていく必要があります。配置して終わりではなく、スタッフの方々とのコミュニケーションをとり、相談などにも柔軟に対応することも大切な仕事です。場合によっては、配置変換なども必要になってくるからです。そして、新たなスタッフを採用するための面接なども行い、より良い人材を確保して施設運営に反映させていくことが求められます。施設で働いてくれているスタッフに対して福利厚生を充実させていくことや残業時間の管理なども大変重要なことです。併せて、施設を管理していく上で様々な取引業者との交渉もしていく必要があります。

経営者として

施設長は、施設の責任者です。施設を運営していく経営者としての役割もあります。現在、施設に入居されている入居者の方々が、より快適に毎日を過ごしていただくためにも、入居者ご本人に限らず、そのご家族のご相談を受けることも大切です。ご家族が来所された時などは、お声を掛けやお話をすることでコミュニケーションをとっていく必要があるでしょう。そして、新しく入居していただたく入居者を増やしていくためには何が必要かなどを考え、実際に行動を起こしていきます。
経営者としては、施設で掛かるお金の収支を管理することも大切です。施設の中でどのようにお金が動いているのかを把握することは、施設運営には欠かせない仕事です。スタッフの給与や施設内で使用される備品など施設全体を理解しておく必要があります。そして施設全体を把握した上で、今後の計画を立てていく必要があります。年間の目標であったり将来の施設像などを考えて、事業計画を立てることも大事な仕事になってきます。

介護職未経験の方におすすめの記事!

転職やスクールを利用してスキルアップ!

転職やスクールを利用してスキルアップ!
スクールに通って資格を取得しよう

資格を取るなら、スクールに通って取るのがおすすめです。スクールに通うメリットや、自分にあったスクールの選び方やポイントをご紹介します。

もっと読む

介護業界で管理職!

介護業界で管理職!

介護業界で管理職を目指すために必要な様々な情報を掲載しています。このサイトでは、3つの管理職を紹介しています。仕事内容や職場環境、必要な資格などを紹介していますので、ぜひキャリアアップのための参考にして頂ければと思います。お問い合わせ先